現金になるまでの工程|クレジットカード現金化は優良店を探して行えば安全!

考える男性

現金になるまでの工程

財布を持っている女性

クレジットカード現金化は、一般的に以下の手順で行われます。

・換金する商品をクレジットカードで購入する
・購入した商品を未使用のまま売却する

それぞれの手順について、詳しく見ていきましょう。

現金化手順1:換金する商品をクレジットカードで購入する

クレジットカード現金化にあたっては、まず換金する商品が必要になります。商品の換金率(購入額に対する売却額の割合)は株価のように毎日変動していますから、購入前にリサーチしておきたいところです。
現金化業者によっては、換金率で考えた「オススメの商品」を提示してくれる業者もあります。それらを安易に鵜呑みにするのは危険ですが、考える時間を少しでもなくしたい場合にはそのような商品の購入も手です。
またこの時、くれぐれも「大量購入」は避けましょう。購入履歴を見たカード会社が、クレジットカードの利用を停止する恐れがあります。

現金化手順2:購入した商品を未使用のまま売却する

換金率を最大にするためには、やはり「未使用」が最も効果的です。古物商の免許を持つ業者を利用すれば、購入から売却までスムーズに進みます。
現金化業者を利用せず、自力で売却先を探すことも可能です。ただしその場合、「購入商品を一時保管するスペース」「売却先までの移動時間・コスト」が必要になります。

もう少し詳しく言えば、最後に「売却額を現金化する」という工程があります。

現金化手順3:売却額を現金化する

多くの場合、商品の売却代金は指定口座に振り込まれます。その代金を現金に換えれば、クレジットカード現金化完了です。